A3-218入ってすぐには、太陽光と同じ特性を持つ光を発生するソーラーシミュレータがあり、 作製した高分子太陽電池の特性評価を行います。また、定常光での吸収・発光スペクトルを測定するシステムもあり、色素溶液や高分子薄膜の基本的な分光測定を行います。

 

奥のエリアは時間分解測定に関する装置がおかれており、吸収スペクト ルの時間変化を測定することで、反応種の経時変化を追跡します。ピコ秒YAGレーザー、フェムト秒再生増幅チタン-サファイアレーザーが設置されており、フェムト秒(10-15 sec)~ピコ秒~ ・・・ ~時間(105sec)までの幅広いタイムレンジでの測定が可能です。