遅い運動
励起から発光までの時間(蛍光寿命)中に分子配向があまり変化しない、すなわち分子運動が遅い場合、蛍光の偏光度は励起光のそれに近い。

速い運動

分子運動が速い場合には、蛍光寿命中に遷移モーメントが大きく回転するため、蛍光の偏光度は励起光の偏光状態から大きく変化する。

※ このページはGIFアニメーションを再生できる環境でご覧下さい。